【相談】面接で長々と話をしてしまう

投稿日:

【過去のご相談から】

面接をいざ受けてみると、とっさに話す時に構成が浮かばず、イメージをそのまま言葉にして長々と話してしまいます。
時には、早く話そうと、嘘を言ってしまうことがあり、なかなかそれがなおりません。
熊谷さんの記事を見て、いかに自分が話す技術がないことを実感しました。
今からでも間に合う、対策方法を教えていただけたら幸いです。



【お答え】

具体的なアドバイスは
色々思いつくのですが、

その前に絶対に
言っておかなければいけないことがあるので、
それを優先してお伝えします。

それは、
今の「自分ダメ」モードでは、
合格は遠いと言うこと。

アナウンサーとして採用したい!
と思われるのは、
語っている時に魅力的な人ですよね?

学生だから考えは未熟でもいいけど、

信念や情熱やエネルギーに裏打ちされた、
自信に満ちていないと、
語る姿で人を魅了できないと思います。

まずやるべきことは、
自分の見つめ直し。

実例であげてくれた答えの中では、
チアリーダーの話が一番良いです。

取り急ぎ。
どんなことを考えるべきかは、
また改めて書きますね。



熊谷章洋公式サイト「話し方のコツ、心技体」

公式メールマガジン「話し方を磨く刺激的なひと言」
ご相談を受け付けています。
可能な限り、お答えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です